全高連ボクシング専門部について

規約・規定集

(公財)全国高等学校体育連盟
ボクシング専門部規約

第一章 名称および事務局

第1条
本専門部は、(公財)全国高等学校体育連盟ボクシング専門部と称する。
第2条
本専門部の事務局は、原則として部長在任の学校に置くものとする。

第二章  目   的

第3条
本専門部は、(公財)全国高等学校体育連盟(以下、全国高体連と略称する)の規約に基づき関係団体と提携し、高等学校におけるボクシングの普及発展を図り、高校生の心身の健全な発達に寄与することを目的とする。

第三章  事   業

第4条
本専門部は、前条の目的を達成するために次のことを行う。
  • 1.全国大会の開催に関する審議ならびに執行
  • 2.高等学校のボクシングに関する調査・研究
  • 3.関係団体との連絡
  • 4.その他、本専門部の目的達成に必要な事項

第四章  組   織

第5条
本専門部は全国高体連規約第6条によって組織する。
第6条
本専門部は、各都道府県高体連ボクシング専門部をもって組織する。

第五章  役   員

第7条
本専門部に次の役員を置く。
  • 1.部長
  • 2.副部長(東・中・西の各ブロックから)
  • 3.委員長・副委員長 各1名
  • 4.事務局長・事務局次長 各1名
  • 5.常任委員 各ブロック2名以内
  • 6.学識経験の常任委員 若干名
  • 7.委員 各都道府県専門委員長
  • 8.監事 (常任委員より1名、全国委員より1名)
  • 9.顧問 若干名
第8条
部長及び副部長は、常任委員会で推薦し、全国委員会で承認を得る。
  • 1.部長は、専門部を代表し会務を総括する。
  • 2.副部長は、部長を補佐し、部長に事故あるときは職務を代行する。
第9条
顧問は、全国委員会の承認を得て部長が委嘱し、本専門部の重要事項について諮問に応じる。
第10条
監事は、全国委員会の承認を得て部長が委嘱し、会計を監査する。
第11条
委員長と事務局長は、常任委員の互選とし、全国委員会で承認を得る。
  • 1.委員長は、部長とともに全ての対外的な交渉を行う。
  • 2.事務局長は、本専門部の事務を処理し、関係団体との連絡を図る。
第12条
副委員長と事務局次長は、常任委員の互選とし、全国委員会で承認を得る。
  • 1.副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故ある時は職務を代行する。
  • 2.事務局次長は、事務局長を補佐し、事務局長に事故ある時は職務を代行する。
第13条
常任委員は、全国高体連地域ブロックより各2名以内を選出する。
  • 1.委員長・常任委員を選出した都道府県からは、別に1名の委員を補充することができる。
  • 2.学識経験の常任委員は、委員長経験者の中から、全国委員会の承認を得て、部長が委嘱する。
第14条
全国委員は、第7条・7項の役員をもってあて、全国委員会の議決権を有する。
第15条
役員の任期は、2年とる。但し再任を妨げない。
  • 1.部長の任期は、5期までとする。
  • 2.委員長・事務局長・常任委員の定年は原則として60歳とする。
  • 3.部長が任期途中で退任した場合は、副部長の中から互選し、副部長も任期途中で 退任した場合は委員長が代行する。但し、代行によって就任した役員の任期は前任者の残任期間とする。

第六章   会   議

第16条
本専門部の会議は、全国委員会・常任委員会とする。
第17条
全国委員会は、本専門部最高の議決機関で、部長が招集し専門部の重要事項を審議決定する。
  • 1.全国委員会は、第7条の役員をもって構成する。
  • 2.全国委員会の議長は部長とし、部長不在の時は副部長、常任委員の中から選出する。
  • 3.全国委員会の定足数は3分の2以上とする。但し、書面による委任状は出席として扱う。
  • 4.全国委員会の議事は、出席者の過半数によって決し、賛否同数の場合は議長が決する。
  • 5.全国委員会は年1回以上、開催しなければならない。
第18条
常任委員会は、部長が招集し、全国委員会の議題作成等の会務を処理する。
  • 1.議長は部長とし、部長不在の時は副部長、常任委員の中から選出する。
  • 2.常任委員会の定足数は3分の2以上とする。但し書面による委任状は出席として扱う。
  • 3.常任委員会の議事は、出席者の過半数によって決し、賛否同数の場合は議長が決する。

第七章  各種委員会

第19条
第4条の事業を実施するため、本専門部に下記の各種委員会を設置する。
  • 1.各種委員会は広報、調査・研究、普及、強化の4委員会とし業務は別に定める。
  • 2.各種委員会は常任委員、全国委員によって構成し構成員の互選によりそれぞれ委員長・副委員長各1名を置く。
  • 3.特に必要な場合は特別委員会を設置することができる。
第20条
各種委員会の業務は、おおむね下記のとおりとする。
  • 1.広報委員会:機関誌「辛夷 こぶし」の発行、名簿作成等に関すること。
  • 2.調査・研究:審判技術の向上、競技規則の研究、審判員の構成、ボクシングに関する調査、諸外国の情報収集。
  • 3.普及委員会:競技人口の拡大、都道府県高体連専門部への加盟促進など。
  • 4.強化委員会:指導者の育成、選手強化の方法や研究、選手の健康管理に関する事など。
  • 5.特別委員会については、設置時に規定するものとする。

第八章  会   計

第21条
本専門部の経費は、全国高体連からの補助金・各都道府県の負担金及びその他の収入をもってこれに充てる。
第22条
本専門部の予算は、全国委員会の承認を得ることを要し、決算は監事の監査を経て全国委員会の承認を得なければならない。
第23条
本専門部の会計年度は、4月1日に始まり、翌年の3月31日に終わる。

第九章  附   則

第24条
本規約は、全国委員会の議決により変更することができる。
◎昭和62年8月2日から施行する
◎平成3年8月1日第7条、17条、18条を改正する。(事務局次長を置く、等)
◎平成5年8月1日第7条、12条、15条を改正する。
 (役員の任期及び定年制の導入、等)
◎平成10年8月1日第7条3項を改正する(副委員長を置く)
◎平成13年8月1日一部改正(規約文書の訂正)
◎平成14年8月1日一部改正(各種委員会主任を委員長に呼称変更)
            (負担金の徴収方法の変更について)
◎平成18年8月1日一部改正(負担金の金額)
◎平成22年8月1日一部改正(各種委員会、総務委員会の廃止)
◎平成26年4月1日一部改正(学校登録制の導入)